きれいなお尻になるための方法

ヒップを引き締めるエクササイズ

たるんだおしりは筋肉がおちている証拠です。 引き締まったきれいなおしりを作るには、筋肉をつけるエクササイズが効果的。 毎日続けることでキュット締まった小尻美人になれます。 では、緩んだヒップを引き締めていくエクササイズをご紹介しましょう。 まず仰向けに寝転び膝を立て、腕を体の横に置きお腹とヒップに意識を持っていきながらおしりを限界までアップさせていきます。 30秒ほどその姿勢をキープしたら、ゆっく ……

続きを読む>>

ツボを刺激してヒップアップ

おしりはむくみやすくぜい肉もつきやすいところですね。 このむくみやぜい肉を取り除きヒップアップさせるためには血行促進が欠かせません。 そしてこの血行促進に効果的なのがツボ刺激です。 では、効果的なツボ刺激の方法をご紹介しましょう。 まず左右の骨盤の上を横に結ぶ線と背骨が交差する点を手で押さえ、そこから背骨に沿ってボコボコを2つ上がった位置の両脇にある「腎喩」を優しく押し込みます。 そして、おへそか ……

続きを読む>>

リンパの流れを促進しておしりスッキリ

おしりは運動不足により冷えてたるみやすくなるところ。 小さくて引き締まったおしりを実現するためには、マッサージで血液循環やリンパの流れを促進して水分や老廃物が溜まらないようにすることが大切です。 ではおしりをスッキリさせるために効果的なリンパマッサージをご紹介しましょう。 まずおしりの下、ももの付け根の部分に両手のひらを当てて、おしり全体を持ち上げるように上に引き上げます。 そのまま、両手で円を描 ……

続きを読む>>

半身浴や体操で冷え改善して美尻に

おしりや足など下半身太りの原因となるのが冷え性。 冷え性を改善すればきれいなヒップラインも夢ではありません。 半身浴や深層筋を刺激する体操で、冷え性を改善していきましょう。 半身浴では、37~40度以下のぬるま湯にみぞおちの下までつかり、頭から汗が滴り落ちるまで20分以上つかることが大切です。 汗が出ない場合は大さじ1~2杯の塩を入れると効果的です。 深層筋を刺激する体操は、イスに浅く座って背筋が ……

続きを読む>>

冷え解消の食事でおしり美人

女性に多い冷え性。 冷え性の人はダイエットをしてもサイズダウンが困難な上、セルライトができやすくなってしまいます。 スッキリとしたおしりを実現させるためには、この冷えを解消させることが大切です。 冷えの原因は色々ありますが、食事、喫煙、服装など毎日の生活習慣も大きな要素です。 中でも毎日の食事は冷えに大きな影響を及ぼすため、まずは食事改善で冷えを解消させていきましょう。 冷え解消に良い食品としては ……

続きを読む>>

【ヒップラインのためのガードルの選び方】

おしりの形をきれいに見せたりサイズダウンさせるためにガードルをはいている女性は多いはずです。しかしこのガードルも正しく選ばなければおしりのラインをきれいにするどころか、かえってラインを崩してしまうことにもなりかねません

続きを読む>>

【ヒップラインのためのショーツの選び方】

常に下着で覆われているおしりだから、下着選びはおしりのラインを左右する大切なポイントです。 おしりがはみ出すような下着やゆるすぎる下着など、自分のサイズに合わないものを選ぶと、おしりは下着の影響を受けヒップラインを崩してしまいます。 四六時中着用しているものだからこそ、正しく選び正しく着用することが大切です。 肌に直接つけるショーツの選び方としては、足ぐりが食い込むようなものは避け、股上からクロッ ……

続きを読む>>

【骨盤矯正で美尻に】

四角く縦長のおしりは、開いて歪んだ骨盤によるもの。 骨盤が歪む原因は足を組んだり床で横ずわりをしたり、同じ方の肩ばかりにバッグをかけるなど、日常の姿勢が原因です。 体の片側だけに負担がかかることで骨盤が歪み、背骨も曲がりおしりの形も悪くなっていきます。 骨盤が歪み開いたままの状態で歩き続けると重心が足の外側にいき血流も悪くなり、足やおしりといった下半身も太くなります。 日常の姿勢や立ち方、歩き方な ……

続きを読む>>

【おしりのラインは姿勢が決め手】

タイトスカートやパンツをはくと目立つのがおしり。 おしりの大きさや形はボディラインにも影響するため、おしりのラインがオシャレに着こなせるかどうかの分かれ目にもなります。 このおしりのライン、普段の姿勢や歩き方を少し意識して変えるだけで見違えるように変わってきます。 美しいスタイルを作る基本の姿勢は、割り箸を挟んだようにキュッとおしりに力をいれた状態をキープすること。 歩く時も同様におしりに力を入れ ……

続きを読む>>

【ヒップアップのトレーニング】

おしりの筋肉はあまり使うことがなく、筋力が低下しやすいところ。 筋力が低下するとおしりは老化して垂れてきます。 そうならないように、おしりの筋肉はしっかり鍛えることが大切です。 それでは、おしりの筋肉を鍛えるトレーニングをご紹介しましょう。 まず、足を伸ばして座り右ひざを立て、両手を体の後ろについて体を支えながら鼻で息を吸います。 次に左足とおしりを軽く浮かせ、手と右足でバランスをとり、左足を上に ……

続きを読む>>

【おしりの黒ずみ対策しよう】

おしりの皮膚はデリケートなため下着の摩擦や締め付けなどで黒ずむことがあります。 このおしりの黒ずみはゴシゴシこすったりすると余計にひどくなるので、入浴の時には顔と同じように優しく洗うようしましょう。 入浴後にはしっかりと保湿ケアすることもおしりの黒ずみ対策では大切です。 また、酵素を入れたお風呂につかるのもおしりの黒ずみやおしりのかさつきにとても効果があるようです。 酵素が皮膚から吸収されることで ……

続きを読む>>

【おしりのにきび対策の方法】

過剰な皮脂分泌が原因でできるにきびは、 顔や背中に限ったことではありません。 おしりも皮脂分泌が多く下着や服などで顔よりも蒸れやすい上に皮膚がデリケート。 そのため吹き出物やにきびなど肌トラブルが起きやすく、にきびができると悪化しやすいところでもあります。 おしりのにきび対策としては顔同様できるだけ清潔を保つことが大切ですが、入浴の際にボディブラシなどでゴシゴシこすると逆にダメージが大きくなります ……

続きを読む>>