【骨盤矯正で美尻に】

四角く縦長のおしりは、開いて歪んだ骨盤によるもの。

骨盤が歪む原因は足を組んだり床で横ずわりをしたり、同じ方の肩ばかりにバッグをかけるなど、日常の姿勢が原因です。

体の片側だけに負担がかかることで骨盤が歪み、背骨も曲がりおしりの形も悪くなっていきます。

骨盤が歪み開いたままの状態で歩き続けると重心が足の外側にいき血流も悪くなり、足やおしりといった下半身も太くなります。

日常の姿勢や立ち方、歩き方などで骨盤を歪ませないことが大切ですが、骨盤が歪んでしまったらストレッチや体操などで改善することもできます

また、整体で治療してもらうのも良いでしょう。

→ 骨盤のゆがみと骨盤呼吸法

骨盤のずれや歪みを治し、骨盤の歪みを予防することがきれいなおしりを作る土台となります。