【おしりのにきび対策の方法】

過剰な皮脂分泌が原因でできるにきびは、
顔や背中に限ったことではありません。

おしりも皮脂分泌が多く下着や服などで顔よりも蒸れやすい上に皮膚がデリケート。

そのため吹き出物やにきびなど肌トラブルが起きやすく、にきびができると悪化しやすいところでもあります。

おしりのにきび対策としては顔同様できるだけ清潔を保つことが大切ですが、入浴の際にボディブラシなどでゴシゴシこすると逆にダメージが大きくなります。

にきびケア用の石鹸を使って手のひらで優しくなでるように洗いましょう

下着は汗を吸収し通気性のよい綿素材のものを選び、パウダー入りのデオドラントシートなどでこまめにおしりの汗を拭き取って
サラサラ感を持続させるケアも大切です。

また、L-システイン配合の医薬品を内服するとより効果があります。