【ヒップラインのためのガードルの選び方】

おしりの形をきれいに見せたりサイズダウンさせるためにガードルをはいている女性は多いはずです。

しかしこのガードルも正しく選ばなければおしりのラインをきれいにするどころか、かえってラインを崩してしまうことにもなりかねません

ショーツ同様、正しいガードル選びできれいなヒップラインを実現させましょう。

ガードル選びのポイントとしては、ウエストから足、そしてヒップ全体を包み込む立体設計になっているかどうかを確かめることが大切。

ガードルの場合もウエストに食い込むようなものや足口が太ももに食い込んでいるようなものは避け、おしりの丸みをきれいに出し、おしり全体を包み込むようなたっぷりとしたヒップ容量と、伸縮性のある立体設計のものを選びましょう。

常に下着で覆われているおしりだから、下着選びはおしりのラインを左右する大切なポイントです。

おしりがはみ出すような下着やゆるすぎる下着など、自分のサイズに合わないものを選ぶと、おしりは下着の影響を受けヒップラインを崩してしまいます

四六時中着用しているものだからこそ、正しく選び正しく着用することが大切です。

肌に直接つけるショーツの選び方としては、足ぐりが食い込むようなものは避け、股上からクロッチまでたっぷりとっているものやウエストから足口までの全体を贅肉がはみ出ることなくすぽりと包み込んでいるもの、おしりの丸みをつぶさないようにおしり全体をきれいに包み込み立体設計のものを選ぶことが大切です。

正しいショーツ選びできれいなヒップラインが実現します。

タイトスカートやパンツをはくと目立つのがおしり。

おしりの大きさや形はボディラインにも影響するため、おしりのラインがオシャレに着こなせるかどうかの分かれ目にもなります。

このおしりのライン、普段の姿勢や歩き方を少し意識して変えるだけで見違えるように変わってきます。

美しいスタイルを作る基本の姿勢は、割り箸を挟んだようにキュッとおしりに力をいれた状態をキープすること。

歩く時も同様におしりに力を入れた状態をキープすれば、おしりだけではなく背筋もシャンと伸びて背中からおしりそして足まで、とても美しいボディラインになってきます。

筋肉を鍛え脂肪を燃焼するだけではなく、リンパの流れも促進する正しい姿勢が、美しいボディラインを形作る秘訣です。