半身浴や体操で冷え改善して美尻に

おしりや足など下半身太りの原因となるのが冷え性。

冷え性を改善すればきれいなヒップラインも夢ではありません。

半身浴や深層筋を刺激する体操で、冷え性を改善していきましょう。

半身浴では、37~40度以下のぬるま湯にみぞおちの下までつかり、頭から汗が滴り落ちるまで20分以上つかることが大切です。

汗が出ない場合は大さじ1~2杯の塩を入れると効果的です。

深層筋を刺激する体操は、イスに浅く座って背筋が丸くならないように注意しながら左肘と右膝を近づけ、反対側の右肘と左膝も同様に行い、これを交互に20回行うという簡単なもの。

深層筋への刺激により内臓温度がアップします。

毎日のちょっとしたケアで冷え性が改善し、小尻を実現することができますよ。

女性に多い冷え性。

冷え性の人はダイエットをしてもサイズダウンが困難な上、セルライトができやすくなってしまいます

スッキリとしたおしりを実現させるためには、この冷えを解消させることが大切です。

冷えの原因は色々ありますが、食事、喫煙、服装など毎日の生活習慣も大きな要素です。

中でも毎日の食事は冷えに大きな影響を及ぼすため、まずは食事改善で冷えを解消させていきましょう。

冷え解消に良い食品としては、しょうがや酢、根菜類です。

しょうがには発汗作用や保温作用、抗酸化作用、殺菌作用、食欲増進作用、疲労回復など様々な効能があり、酢にはエネルギーを作るための血行促進作用、根菜類は体を温める作用があります。

これらを上手に組み合わせながら毎日摂取すれば、冷え性改善に効果を発揮します。