冷え解消の食事でおしり美人

女性に多い冷え性。

冷え性の人はダイエットをしてもサイズダウンが困難な上、セルライトができやすくなってしまいます

スッキリとしたおしりを実現させるためには、この冷えを解消させることが大切です。

冷えの原因は色々ありますが、食事、喫煙、服装など毎日の生活習慣も大きな要素です。

中でも毎日の食事は冷えに大きな影響を及ぼすため、まずは食事改善で冷えを解消させていきましょう。

冷え解消に良い食品としては、しょうがや酢、根菜類です。

しょうがには発汗作用や保温作用、抗酸化作用、殺菌作用、食欲増進作用、疲労回復など様々な効能があり、酢にはエネルギーを作るための血行促進作用、根菜類は体を温める作用があります。

これらを上手に組み合わせながら毎日摂取すれば、冷え性改善に効果を発揮します。

常に下着で覆われているおしりだから、下着選びはおしりのラインを左右する大切なポイントです。

おしりがはみ出すような下着やゆるすぎる下着など、自分のサイズに合わないものを選ぶと、おしりは下着の影響を受けヒップラインを崩してしまいます

四六時中着用しているものだからこそ、正しく選び正しく着用することが大切です。

肌に直接つけるショーツの選び方としては、足ぐりが食い込むようなものは避け、股上からクロッチまでたっぷりとっているものやウエストから足口までの全体を贅肉がはみ出ることなくすぽりと包み込んでいるもの、おしりの丸みをつぶさないようにおしり全体をきれいに包み込み立体設計のものを選ぶことが大切です。

正しいショーツ選びできれいなヒップラインが実現します。

四角く縦長のおしりは、開いて歪んだ骨盤によるもの。

骨盤が歪む原因は足を組んだり床で横ずわりをしたり、同じ方の肩ばかりにバッグをかけるなど、日常の姿勢が原因です。

体の片側だけに負担がかかることで骨盤が歪み、背骨も曲がりおしりの形も悪くなっていきます。

骨盤が歪み開いたままの状態で歩き続けると重心が足の外側にいき血流も悪くなり、足やおしりといった下半身も太くなります。

日常の姿勢や立ち方、歩き方などで骨盤を歪ませないことが大切ですが、骨盤が歪んでしまったらストレッチや体操などで改善することもできます

また、整体で治療してもらうのも良いでしょう。

→ 骨盤のゆがみと骨盤呼吸法

骨盤のずれや歪みを治し、骨盤の歪みを予防することがきれいなおしりを作る土台となります。

おしりの皮膚はデリケートなため下着の摩擦や締め付けなどで黒ずむことがあります。

このおしりの黒ずみはゴシゴシこすったりすると余計にひどくなるので、入浴の時には顔と同じように優しく洗うようしましょう。

入浴後にはしっかりと保湿ケアすることもおしりの黒ずみ対策では大切です。

また、酵素を入れたお風呂につかるのもおしりの黒ずみやおしりのかさつきにとても効果があるようです。

酵素が皮膚から吸収されることで血流が良くなり新陳代謝がアップするだけではなく、皮膚を乳化して古い角質を取り除きやすくします。

このような酵素の効果でおしりの黒ずみは改善され、つるつるの美肌を導いてくれます。

自然治癒力を高める酵素は健康維持にも美容にも絶大な効果を発揮してくれます。